副業は就業規則違反?

こんにちは、嶋です。

僕がフリーターをやっていられるのは、副業収入があるからです。そして逆に、僕が副業をやっていられるのは、フリーターだからでもあります。

副業に興味がある人は、今勤めている会社が副業OKかどうかはしっかりと就業規則を読んで確認しておきましょう。就業規則上で兼業が禁止されている場合は、ばれてしまうとトラブルになる可能性もあるからです。

副業の情報サイトを見ると、会社にばれないように副業するためにはどうしたら良いかなどの情報記事が載っています。こうした下調べが自分の身を守ることにもつながりますので、事前調査はしっかり行っておくことをおすすめします。

ちなみに、メルカリで不用品を売って多少の収入を得たり、株やFXで収入を得たりすることに関しては、多くの場合副業と見なされないそうです。

ただし、あまり目立って稼ぎすぎると「本業に支障が出るのではないか」と思われてしまう可能性もあるので、公にはせずに個人的な範囲で行っていくのが賢いと言えそうです(目立つほど稼いだなら会社を辞めても大丈夫かもしれませんが)。

特にブロガーなどの露出が多い副業を行おうと思っている方は、うっかり勤務先の人の目に入ってしまうリスクを十分理解した上でスタートした方が良いでしょう。また、当然ながら、仕事で知りえた機密情報などを記事に書いてしまうのは避けましょう。

人によっては就業規則違反になる副業ですが、それでも手を出したくなるほどの魅力があるのも事実です。勤務先との関係を壊さないように注意しながらやってみてください。